BIG Diary
プロフィール

Author:秋月翔馬
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加奈子と言ったら副会長
大田・・・・・じゃなくって、群青の加奈子ルートクリアです。
いやぁ、昔はパソゲー一つクリアするのに平均で1ヶ月かかってましたが、速いもんです。

ネタバレ注意
前も言いましたが、群青の空を越えてを、少しでもやる気がある人は見ない方がいいです。
自分は、このゲーム面白いと思うので、出来たらコレ見ないで。


で、率直に言って今回は良かった。
若菜・教官・加奈子の三つのルートをやりましたが、キャラ的には教官が一番好きなものの、ストーリー的には若菜・加奈子ルートが面白かったです。
で、前者と後者のストーリー的な違いを鑑みると・・・・・俺、全滅エンドとか好きかも(笑)
なんか終盤でバッタバッタと死んでくよーなのが好きかも。
Zとか、Vとか。

・・・・ああいや、Vは序盤から死にっぱなしですが。

逆に好きなのがたまたま終盤に死んでくだけかもしれませんが。
そういえばSEEDも最後死にまくったな。
うん。じゃあ後者だ。
好きなのが、たまたま全滅エンドなだけ。

同じ全滅系でも、こっちの方が「戦場」が舞台になっており、より「戦争」が背景であることを感じさせられました。

また、その中で戦う少年少女の不安とか、そういったもんがよく描かれてたと思います。
そして王道的な展開
内訳 君達だけでも逃げるんだ
   後は頼んだ・・・・・
   間に合うものか・・・・
   か、母さーん!!
   関東・・・・万歳・・・など多数
ながらも、魅せるところはきっちり魅せてきました。

そういったところはちゃんとCGもあって、加奈子ルートは比較的Hシーン以外にもCGがあって良かったです。

もー、出来るんなら全部そうしなさいよー。
ニトロ見習えよー。
あいつら銃と車とかだけでCG150枚近く描いてんだぜー。(数えた)

にしても、普段あんまりカッコ良くないヤツが、雑魚なりに精一杯頑張って、それでもあんまりカッコ良くないんだけど、やっぱりどこかカッコいいってのは、いいね。
例えば幽遊白書の桑原とか、バーニィなんかがそう。
へタレがへタレなりに頑張る姿はカッコいい。

 この加奈子ルートの終盤もそんな感じで良かったです。
あいつら、見せ場あったんだ。

教官ルートで若干評価下がった群青は、今回で間以上になりました。
ファントムに匹敵するかも。

ちなみに、ファントムはそんなにストーリーとか面白いわけじゃないです。
あれは・・・なんていうか、作った奴らの心意気に打たれるゲームだから。バイクで言えばカワサキ。
あと雰囲気。

つーか月姫やFate含めて、「こいつは面白い!」と心の底から思ったゲームは今だかつてありません。
いつかはめぐり合いたいものです。
サイコロ10個投げて、7,8つは6が出るんですけど、残りがね。
10個とも全部6が出るほど面白いと思ったのはまだです。

・・・・ああいや、一つだけあったか。
あのヒロインが全員ツンデレってあのゲーム。
「面白い」の意味が違うが。


あとゲーセン日記。
暇だからゲーセン行くって馬鹿なことをしてしまいました。
ガンダムは一回1000円までと決めてかかれば大丈夫。
きっちり1000円で終わりました。
     
で、キキ・ロジータゲット。
なんか08ばっか引くよ?このゴッドハンドは。
何故かMSもEZ8に陸戦ガンダム2機あるし。
誰かシローちょうだい。

で、むしろ今日はメルブラの日。
なんか学校帰りの高校生とか、暇人とかで盛り上がりました。
最初はエリアルがやっとのシエルがいたんで、ワルクで乱入してラストアーク出して楽しんでたらいつの間にか周りに人が。

相手は少し巧くなってワラキアに。
こっちもワルクじゃ無理だったんで七夜にしてラストアークなんぞ繰り出してたら、普通に強いシエルが。

この人と実力伯仲ながらも僅かにこっちが上くらいで、面白かった。
最初一気に2勝されて、3本目もあとエリアル一回どころか強攻撃二回で死ぬってところまで追い詰められました。
何とかラストアークから攻勢に転じて、あと弱一発っていうかむしろ体力ゲージ見えないよ?ってところで辛勝。
逆3タテでウマー。

その後も何試合かしましたが、今日は幕の内一歩ばりの脅威の粘りで逆転勝ちばっかで気分爽快でした。
で、メルブラのことでの結論。

「困ったときはラストアーク」

いやもう、余裕無くて切羽詰ったときに決めてこそ美しいというか。
やべーよ後エリアル一回で死ぬよ。
ってところで伸るか反るかの1チャンス。
これで燃えなきゃ男じゃない。

これは頭文字Dにしろなんにせよ、自分は基本的に戦い方とかに美学とかこだわりを持つ方ですので。
唯一、勝ち方にこだわらず、とにかく「勝てばいい」と京一さんのように合理さのみを追求して、面白みが無くても勝ちを求めたのはバスケだけでした。
そういう意味でも、自分にとってバスケは特別な存在だったか。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://inazuma400.blog43.fc2.com/tb.php/9-b1123f39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。