BIG Diary
プロフィール

秋月翔馬

Author:秋月翔馬
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本最高峰で愛を叫んだボイ その二
はい、ここからが二日目。つまりは昨日の日記になります。
初日はそんな感じにずっと彷徨ってて、宿に着いた後に修学旅行の学生みたいにノリに。
そして翌日どうするかを皆で考えたのですが、どうも曇り時々雨っぽい。
富士山に登るのも検討してみましたが、流石に天気悪いのは嫌だよね、ということで却下。
でも折角だから朝起きたら五合目まで行って、それから浜松にある鍾乳洞に行って帰ろうということになりました。
本当は五合目まで行っても仕方ないんですけど、鍾乳洞行って帰るだけだと、何のためにここまで来たのか分からなくなってしまうので、一応富士山には行こうって流れ。

で、朝。
澄み渡る空。
「こんなら登れるんじゃね?」
を連発しながら富士山へ。
道中のコンビにでは登るの前提で昼食まで買い出す始末。
この時既に、三人の心は一致。
まあほとんどノリですが。

そして車で五合目まで。
五合目と言っても、標高は既に2500とか2600とか、そんなもん。
ガンガンヘアピンをクリアして登りまくって、気がついたら涼しい。
雲も近い。
中々駐車場に停められずに難儀しましたが、何とかなって9:45に登頂開始。
一応五合目からは240分が目安らしいです。頂上まで登るの。

結果から言いましょう。
その三分の二、160分ほどで頂上を極めました。
多分、かなりのハイペース。
常にごぼう抜き状態。
休憩もそこそこ。
まぁ写真とって騒いだりしてた無駄な時間はありましたけど。

いくら衰えたとはいっても、三人とも高校まではずっとバスケで鍛えてて、今でも体力は水準以上。
そして三人とも高校で引退してからは特に何も運動していないので、全員同じような体力です。
ここ重要。
山に登るときは、自分の同じくらいの体力の人と登るのが一番だと思いました。
ペースも同じようなモンだし、休憩する量も同程度でOK.

しかし・・・・・・富士山と言うのは意外に登りにくいものなんですね。
もっと歩きやすい足場かと思っていましたが、平坦なところなど一切無く、岩でごつごつしていたり、細かい石で凄い滑ったり、足の親指あたりにしっかり力をこめて登るもんだから、疲れて疲れて・・・・。

しかもですね、やっぱり空気薄いです。
五合目辺りでも既に感じていましたが、登るにつれてどんどん薄くなるのが分かります。
9合目からはもう、歩くとすぐ息が切れて苦しい・・・・・つもりだったのですが、周りからは「元気だねぇ、若いねぇ」と言われてしまいました。
そう、登るときに結構声掛け合うんですよ。
特に登りと下りですれ違うときにこんにちはとか、頑張ってくださいとか。
俺たちは声掛け捲り。
先頭は大体オルテガが、そしてガイアが続き俺がしんがりだったのですが、三人ですれ違う殆どの人、休憩している人、自分らが抜かす人、ほとんどに常に声かけてました。
コンセプトは「オラ達の力を皆に」
頂上が近づくにつれ、体力を失って「もうダメだ」みたいになっている人は増えるのですが、逆にこっちはまだ余力あるしテンションは妙に高石で、一度なんて俺、外人さんの金髪女性とハイタッチまでかます始末。
俺らやっぱ体育会系だわ
とか認識したときです。

ま、それくらい周りはしんどそうで、
「もう10歩歩いただけでダメだわ」
とか、
「あんなペースで歩くなんて信じられない」
とか周りから聞こえたり、言われたりしました。

やっぱり俺達はまだ若いし、体力あるんだなぁと痛感しました。

実は帰りなんて、休憩無しのノンストップ下山でしたしw

頂上を目前に変えて三人ともクラウチングスタートとか猛ダッシュで山頂へとか、山頂では寒いにもかかわらず何故か脱いで写真撮ったりと、おおはしゃぎです。

景色も凄く良くて、7合目くらいだったかな、それくらいだと入道雲が目線と同じくらいにあって、休憩所の塀みたいなものの上に立つと、空を飛んでいるような錯覚に陥ります。

そして俺は黒いロングTシャツにジーパン。
つまりは往人さんルック。
当然、写真に収めたりw

いやいやいや、狙ってやったわけじゃあないですよ?
何も考えずに防寒着として持ってきて、来たら
「あ・・・・これって・・・・・しまった・・・・・狙ってないよ?」
ってなっただけで。

けど、一般人とはそんなこと話してないですけどね。

んで下山して帰宅。
濃密で、思い出に残る一日でした。
帰りの車の中も楽しかったし。
頂上にバスケットボールを持ってくのを忘れたのが悔やまれますが、なに、一つくらいやり残したことがあるほうが、次回また行く気になるってモンですよ。

で、その後また6時間くらいほぼノンストップで運転。
12時間、夜通しバイクで走って群馬まで行ったことを思えば、車の運転なんて楽すぎて全然疲れません。

結局ここ最近は
同窓会で飲み。終電で帰宅。
翌日は朝八時から夜十時までバイト。
日付変わった後に就寝。
その翌日は、流石に多めに寝て朝8時起床。7時間以上運転して宿へ。飲み。深夜二時就寝。
そして朝7時起床。5時間睡眠で、富士山登頂。帰り6時間くらい連続運転。

そして今日。
いや、若いね。
今日も夕方5時からバイトですけど、その程度なら余裕だぜ!
多分、明日もバイトですが・・・・・

その後火曜日から金曜日まで何も予定無いけど、どうしようかな・・?
せっかくだからどっか行きたいけど・・・・・・熊本か、北陸か、東京もいいな・・・・いっそ東北にでも行ってみっか・・・・・。

せっかくの夏休みだもんね!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://inazuma400.blog43.fc2.com/tb.php/164-eb8aad9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。