BIG Diary
プロフィール

秋月翔馬

Author:秋月翔馬
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEED弁論
俺も種の全てを否定するわけじゃあないです。
人気が出るのも解る。
面白いと騒いでいるのも解る。
確かに面白いですよ。
けどね、それは場面をぶつ切りにして観たときだと思うんですよ。

一つ一つの場面ごとで考えると、面白いと、確かに思います。
ムゥとクルーゼの最後のほうの戦いとか、
核からプラントを守らんとするイザーク、及びそのイザークと離反したディアッカが戦場で会うところとか、
ナタルの死に様とか

色々見所あり。
かつての仲間と戦うorかつての敵と共に戦う
という、少年漫画の王道スタイルは、確かに熱い。

けど、それだけなんですよ。
底が浅いというか、薄っぺらいと言うか、そういう表面的なところ、ぱっと身では面白いのですが、その先が無いと思います。

俺も高校のとき、リアルタイムで観ていた時は毎週楽しみにしていました。月曜になって学校に行けば友達とこの先の展開についてよく話したものです。
ラクスについては当時より全力で否定していましたけど(笑)

けど二回目を観たら・・・駄目だったんですよ。
場面場面では確かに面白い。熱い。イカス。
キラとアスランが一度相討ちになった辺りから後ろは特に良かった。
そもそもその相討ちになったところも良かったし
ムゥがストライクに乗ってウハー!って感じでしたし、
アスランが&ディアッカが合流して、先に述べた王道スタイルの完成→かつての仲間同士の戦いの実現でウマー!ってなりました。
宇宙に上がってからもそれは続いて(ナタルさんの登場による)ムゥ×クルーゼの激化と、見所は盛り沢山な訳ですよ。

しかし、おかしい。
場面場面ではなく、全体を一つの流れとして捉えたとき、飲み込めない部分がかなりありました。
それが何か・・・・というのを語るほどには、俺は言葉を持ち合わせていないし、内容を忘れすぎましたのでここでは省きますが。

後、敵に問題があったと思います。
宇宙世紀ガンダムは特に、魅力的な敵キャラがいました。
初代ならランバ・ラルやシャア
Zならハマーン様やフォウ、シロッコは・・・・・駄目だけどw
ZZはむしろ味方キャラにすら魅力的な人物がいなかったのは、個人的には認めざるを得ませんが

SEEDにゃそれがないです。
結局敵で、メインだったのってバカ虎とヤク中トリオとクルーゼ隊の皆さんだけでしょう?
バカ虎はバカだし、ヤク中トリオはイカレタオトコだし、クルーゼ隊の皆さんはクルーゼ以外は敵じゃなくなっちゃうし(イザークは微妙)。
あ、ニコラ忘れてた。

で、そのクルーゼが・・・・・あの変態仮面が・・・・魅力的って言う人、あんまりいないんじゃないかと思います。
全話を通してのメインの敵キャラだったのに、魅力的でない。
これは大問題ですよ。
他のガンダムのメインの敵キャラは、もうちょい魅力がありました。
シャア
ハマーン様
クロノクル・アシャー
ゼクス・マーキス
マスター・アジア
などなど

ギンガナムについてはまだ知らないので何とも。
Zはそもそも「こいつがメインの敵キャラ」ってのがいないので削除。
(強いて言えばシロッコかもしれませんが、結局シロッコと戦ったのってほとんどないし。するとジェリド・・・か?)

なのでXのキモい兄弟を除けば、皆すべからくクルーゼよか魅力的であったと、個人的見解でありますが、思います。
クルーゼとどっこいどっこいだったキモい兄弟は、Xに出演。
なるほど、Xの不人気の理由の一つを垣間見たという訳です。

んで、そのメインの敵とは、ZやZZは違いましたが、何度も戦うわけです。因縁の仲な訳です。
ところがどっこい、種では変態仮面の因縁の相手はムゥさん。
最終話でクルーゼと戦ったのは、それまで全くといっていいほど接点のなかったキラ様。
Z・ZZも直接戦うことは少なかったにしても、ニュータイプの意識のめぐり合いみたいなトンでもで、もうちょっとは因縁がありました。

種には皆無。
だったら、クルーゼとアスランが戦った方が熱かったと思います。
もともと同じ隊の上官と部下の間柄だった訳ですので、熱いと思うんだけどなぁ。

まぁ結論付けますと、敵に魅力なし。更に主人公との因縁も無し。
それが駄目だと。
ついでに言うなら主人公に魅力無し。
もっとも、婦女子には人気があるようですが?
キラ様とか、フリーダム乗ってからというもの、悟りを開いちゃって、人間味の欠片も無いじゃないですか。
それはラクスもだけですけど。
んで理想があって、それに反することを言われると「それでも僕は」。もうちょっと人の話し聞けw

そんな悟りを開いたキラには、誰も逆らうことはせず、何か相談しててもキラ様が「こうしよう」といえばそうする集団に成り下がってしまいました。
キラ様が白いといえば、カラスだって白くなる。

んでキラ様とL・O・V・E・ラクスさまぁぁー・・・は、両者共に理想だけで行動して、現実を見ない。
現実を見ても「それでも僕は」
もうちょっと現実を見ろ。

第一、敵のパイロットを自分らが直接殺さなければそれでいいのか?
全て許されるのか?
そんで味方が死んでいくんだぞラクス様。
んな無茶な。

今回はSEEDについて言いたいことを全部言おうと思ったのですが、キラ様とラクスについては無理ということが判明しました。
あのでここらで打ち切り。

あと、せっかく人物相関図がいいものになってるんだから、もうちょっと面白い見せ場作りが出来たと思うんですよね。
その代表格がアスラン×クルーゼな訳ですが・・・・・やっぱアスランが受けですかね?



最後に、個人的にはムゥの死をキラが知らなかったってのが嫌でした。


やっぱ種について言いたいことを全部ぶちまけるのは無理だわー。
なので、ここらで終わり。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://inazuma400.blog43.fc2.com/tb.php/124-6068853b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。