BIG Diary
プロフィール

秋月翔馬

Author:秋月翔馬
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果が全てなのは分かっているが
俺はK1は好きではありません。
その理由は・・・・・少なくとも俺にとっては「ショー」としか思えないからです。
素人なので何を言ってるんだと思われるかもしれませんが、彼らのそれは、ただ手足を振り回しているだけの、そう、ただの殴り合いに思えてなりません。

しかしボクシングは違います。
そんなにテレビで放映することも無いので、こちらもそう多く見たことがある訳ではありませんが・・・・・・ボクシングは格闘技であり、スポーツ。
フットワークあり、フェイントあり、駆け引きありの、体力だけでなく高度な知力と精神力、技術を要するもの。
そう思っていました。
K1のようなエンターテイメントではないと、そう思っていました。

なのに。


実際に試合を見たのは4ラウンドからでした。
確かに亀田がパンチを当て、ロープに追い詰め、ラッシュをしかけたこともありました。
・・・・だが、その要所要所で相手のランダエダは巧みな動きでその攻撃を寸断。
俺は完全に素人ですが、亀田が勢い、ランダエダは老獪さで互角に渡り合っていたように思います。
その均衡が崩れたのが11R。
ランダエダの拳が亀田の顔面を捉えその後も何発も入り・・・亀田はグラつきました。
その後ももう一度、良いパンチが入りまたもグラつく亀田。
最終ラウンドは、倒れこそしなかったものの完全に亀田劣勢。
的確に当たるランダエダのジャブに対し、亀田が出来ることはクリンチのみ。
抱きついて時間稼いで・・・・・・。

3Rまでを見ていませんでしたが、すくなくとも4R以降は互角。ラスト2Rは完全にランダエダ優勢。
しかも、どうやら1Rで亀田はいきなりダウンを喫していたそうな。
ダウンすればそれだけで2だったか3ポイント失います。
そう考えても、亀田の負け。
俺は素人ですが、その素人から観ても、客観的に見ても、どう見ても、亀田の負け。

なのにどうして、亀田の勝ちの判定になるんでしょうね?
地元判定ってところか?
にしても。いくらなんでもやりすぎだろう?
亀田側が賄賂でも渡していたと言われでもしなければ納得できません。

ボクシングも、所詮はエンターテイメントだったということか。
失望したなぁ。
GISとか、解らないし。
そりゃ「コートの下に666匹の獣」も嫌だけどさ。

今日から三日間は、夏期集中講座「空間情報分析法」なるものを取っているため1~5限が三日連続・・・・・だったのに、理解ある先生のおかげで1~4限ですよ。
こいつぁデカい。
オルタは7章まで終わったので、この三日間は一日一章のペースでやらねばと思っていたのですが、実現可能じゃない?

まぁ土日のバイトはそれぞれ2時からと4時からだから、来週の月曜にネタばれされる心配はおそらく無いのですが。


さて、今日も今日とてチャリで学校まで行ってきました。
一昨日もそうだったんですけどね。

で、なんつーか・・・・・・だんだん楽になってきた(笑)

いや、誤解の無いように言っておきますが、朝起きて「うーん、ちょっくら学校までチャリで行くか」と、軽い気持ちでいけるほどではありません。
「よし、明日はチャリで行こう」
と心に決めねばならないのは変わりがありません。

しかし、です。
前ほどキツクないっていうか・・・・・・まぁ体力がついたというよりは、体が慣れただけなんでしょうが・・・・・・明日、明後日もチャリで行こうかな・・・・・・。
そしたらかなり減量に繋げられる気も・・・・・・。

体重、ちょっとは減ったんですけどね、まだまだ。
え・・・・・・・あ?
まりもちゃん・・・・・・こっちも死んじゃうの・・・・?

おい武、コイツを何とかしてくれよ
オルタ途中経過 その3
頭からガブッと
まさかまりもちゃんが
グロ画像

今まで何度か耳にした単語が遂に繋がりました。
あー、いったね、頭からガブっと。

今は元の世界に逃げ出してしまったところです。
主人公が悲しみを乗り越えるという、戦闘ものでは避けては通れない展開であります。
そしてこれでまた元の世界を去って、人類のためにもう一つの世界にもう一度転移したら、その時が終盤の始まり、と言ったところでしょう。
中々ボリュームあるね。

てか俺の中のまりもちゃんレベルが急上昇ですよ?
良い人だなあ。

にしても、とてもじゃないけど今夜中に終わる代物ではないようですね。
今日はキリつけたらまた走って、寝ようかな。
明日からタイヘンだから・・・・・・・・。



ところで、相変わらずメカデザインがいーなー。
誰だよメカニックデザインは

オルタ面白いけど、何故か日記に書くことは少ないです。
何でだろう?

強いて言えば、狭霧大尉とウォーケン少佐かな。
あと月詠中尉。
彼ら、ナイス。
オルタ途中経過 その2
明日から三日連続1~5限。
今日の予定は何もなし。
なればこそ、今日中に終わらせるしかないのである。

とりあえずエピソード6・・・だったかな、帝国軍のクーデターが起こるところまでやりました。
そのまま続けようかと思ったけど、そのまま続けるとキリの良いところで終わらせるには相当時間が要ると思い、昨日は寝ました。
学校までチャリで行って疲れたし。

エピソード6とはいえ、まだ半分も来てないのかもしれませんが・・・・今日一日あれば、何とかなるなる。
そうでなくても、まぁ明日からも一応夜八時には家に帰れるわけだし、何とかなるなる。
下手したら明日からの授業は何とかならないかもしれませんが・・。

感想は・・・エピソード3くらいまでの方が面白くて、5,6あたりは若干中だるみ気味でした・・・・・・が、こっからが盛り上がっていきそうなのでまぁ良いか。

とにもかくにも、月詠さん格好良いよ。
残念ながら、マブラヴの中では、の話ですけど。
もうちょっと男キャラが出てきたら言うことないんだけど、それはしょうがないか。
男がポンポン出てきたら、女性がパイロットとして戦う訳ないんだから。
でもなー、もうちょっとなー。
武と若本とミコトの親父さんしか出てきてないし。
後は異様にカイ・シデンに似た少尉さんがいたくらいで。

時間が惜しい。
続きやろ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。