BIG Diary
プロフィール

秋月翔馬

Author:秋月翔馬
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間に合え・・・間に合えぇぇぇ!!
なんとしても七日までにオルタをやりこまないと。
しかし来週はあまり時間が・・・・・。
間に合うのか?


例のテスト結果
有名どころ編:13点 
陵辱編:4点

まぁ、こんなところでしょ。
ただ、「作品名は知らないけど、知ってる」というのを含めると、もうちょっといきますが。
そして数あるゲームの中で、Fateだけ男二人の画像なのが笑えます。
セイバー出してやれよw

さて、今日も今からバイトまではオルタやりますが・・・・・明日は朝八時から昼までのバイトなので、今日はほとんど出来ない模様。
来週の火曜日が何も予定無いので、何とかそこで終わらせないと。


ということでオルタ話は無し。
んでケロロとフルメタの最新刊について、少し。

ケロロは・・・・・最近面白さが薄れてきています。残念ながら。
この場合の「最近」は11,12,13巻を指します。
10巻までは、いつ読んでも最高。
最初読んだときなんて、笑いすぎて部屋の中の二酸化炭素濃度を5%くらい上げちまったんじゃないかと思うくらい抱腹絶倒してましたから。

それが今回は・・・・・・うーん何箇所でしか笑わなかったなぁ。
そろそろネタ切れということか。
残念です。

逆にフルメタは年を重ねるごとに面白くなってきます。
作者の文章力が上がっているのが解って面白いです。
もっとも、今回は話として面白いものではありませんが。
盛り上がりがあるわけでもなく、ただの「解決編」的な存在ですから。

しかし個人的には良かったです。
というのも、今回の3/4をカリーニンとマデューカスが占めていますので。
ところでワタクシ、どう考えてもカリーニンファンだろうと言われそうですが、実はマデューカス派です。
別に見た目が格好いい訳ではなく、渋いわけでもなく、そこらの中間管理職のサラリーマンのような風貌であり性格ですが、それが逆に良い。
格好良い要素は無くても、人間味がある。
そりゃ魅力だよ。

さて、オルタやろ
スポンサーサイト
オルタ途中経過
ワーニン!ワーニン!オルタによるSランク取得の危険性有り!
繰り返す!Sランク取得の危険性有り。

今のところ過去に比類無きほどの充足感を感じつつ進めています。
これで後半盛り上がってくってんなら、物語としてTYPE-MOON作品よりも楽しめる可能性は十二分にあります。

まぁ月姫とかFateは物語が面白かったって言うより、設定や登場人物全てを引っ込めたあの世界が好きなんですけどね。
ガンダムもそう。

今総合戦闘技能評価演習・・・・だっけ?
そこをクリアしたところ。
今まではFateだろうがなんだろうが、二時までやってたら眠くなってたんですが、そんなことないない。まだまだイケる。
明け方までゲームやる人たちの気持ちが、ちょっと分かった。

そこまで楽しんでいる理由の中でも最大のものは、主人公白銀武の好感度の、今までとの雲泥の差によるものでしょうな。
今までは何の魅力も感じなかった主人公ですが、大人になり軍人になり戦士となった白銀武は、格好良いと思いますよ。
一年戦争の頃のアムロしか知らなかった俺が、初めて逆シャアのアムロを見たときと同じです
全てにおいて高い能力を発揮し、それを鼻にかけない。
姿勢も謙虚だし、ストイックだし、やっぱりある程度の分別を持った大人が主人公なのが、一番良い。


まだまだイケる・・・・・が、明日も12時からバイト。
ここらで寝ておくのがベストと言えよう。
キリもいいし。

なので寝ます。
何だかんだ言って、布団に入ればすぐ寝られるのが、強み。
熱くなれ 高鳴る憧れ
はい、今の心情を端的に表すとこうなります。
熱くなってます。高鳴ってます。
オルタネイティブに。

けど、alternativeの発音って、オルタナティヴですよね、本当は。
前から疑問だったけど。
どうでもいいけどねー。

それよりも重要なのは意味だし。
alterの意味は「変える」「変わる」とかだし、alternativeの意味は「代案」とかだから、なんのこっちゃと思っていたんですが、辞書引いて納得。
alternativeの二つ目の意味が
「2つ以上の間の選択」とか「選択すべき2つ(以上)のもの」
だそうで。
ようやく納得いきました。

こういうふうに、ちゃんと考えてネーミングされているのは、実は個人的に高い評価が与えられます。
何かを創作するとき、その名前って重要だと思うんですよね。

そういう意味でも種はどうかと思うよ?
安直すぎますから。
ディスティニー計画とか。
MSもガイアとかバスターとかカオスとかレジェンドとかディスティニーとか、ミネルバとかドラグーンシステムとかエクスカリバーとか。
ああもうどんどん出てくるけど、RPGとかでよく聞く、それっぽい単語をそのまま付けているだけじゃあないですか。

そんなん俺でも出来る。
ペラペラ辞書めくってて、いい単語見つけるだけだし。
Re-GZを見習えってモンですよ。

え、Gガンの方が安直?
その通りですよ?
けど、あれは安直過ぎるくらいで、ちょうど良いんですよ。

ぬ、ついつい脱線してしまった。
種批判になるとタイピング速度が1,7倍くらいになるもんで(笑)

とりあえずオルタはインストールして、オープニング見たところ。

最近「未来への咆哮」を聞くときは、頭の中でオープニングムービーを、ぼんやりとではありますが自作していました。
リズムのはっきりした曲だから、ここはこーいうふうに魅せて欲しいなぁ、みたいに。
結果・・・・・うーん、残念。
メルブラのオープニングとかは、その辺りかなり巧く出来ていたと思うのですが、こちらはそれに比べると数段劣る。

Fateなんかも二週目のオープニングは結構良かったし、何よりアニメのクオリティが高かったので、あれくらいやって欲しかったなぁ・・・・・。


とか見ながら思っていたのですが、途中で名も無きおっちゃん達(いや、名前はあるのかもしれませんが)が「びしっ!」と敬礼するシーンがあっておっちゃん!お、おー!オァァァ!オアー!


あのシーンは、今まで見てきた数あるアニメやゲームのオープニングの中の「1シーン」だけを競うなら1,2を争いますよ。
いやもうネタだとかそういうんじゃなくて、本気でそう思ってます。
いやマジで。

んじゃ本編いきますわ。
やべー、文字通り高鳴る憧れって感じですヨ
人型機動兵器=MSでいいでしょ?
何かあと5時間もすればビリヤードらしいけど、ネタばれ注意報が警報に移行したため、あんまり行きたくなくなってきました。
と、いうのもアンリミ一週目クリア。
まぁ基本的には一本道のようなモンだろうから、実質もうオルタに進む資格を得たといっても過言ではないのではないか。

で、感想。
えーっと・・・・・ここまでで第一章って感じ?
トップをねらえでいえば4話が終わったってところか。
一応もともと4話構成で、4話でそれなりに締めくくりって言うか盛り上がりがあって、でもそれは5,6話の怒涛の展開への前座でしかなかった・・・。
みたいな。

トップをねらえといえば、かなりそこからの影響があったように思うんですが。
いや、それを一番感じたのはシナリオ的なところじゃなくて、音楽。

あ、あれ?これってトップをねらえのあの曲に似て・・・?

っていうのが2,3曲ありました。
もちろんメロディーは違うんだけど、根源にあるものが同じというか。
シナリオの「宇宙怪獣に人類はタジタジですぅ」というのも共通といえば共通点か。

まぁ香月先生の最大の失敗は、オルタネィティブ計画じゃなくて、ガンバスターを作らなかったことじゃないの?
バスターマシンがあれば・・・・。

いや、バスターマシンがあればなんて気持ちじゃ、駄目らしいですけどね。

さて、そういった設定・世界観はかなり高得点。
まぁ傑出したところはないにしても、学徒動員的な設定は俺の最も好きなシチュ。
それはガンパレなんかと同じだけど、決定的な違いは人型機動兵器の存在理由でしょうか。
ガンダムで言えばミノフスキー粒子にあたる設定。

敵が半端無い対空能力を有しているから、航空戦力とミサイルがない。
なるほど。そりゃ簡潔かつ説得力あります。
そこは単純だけど、そういう設定があると無いとじゃあ、えらい違いですからね。

つまり、設定的には問題はまるで無し。
シナリオに関しては、今の時点では何とも。
しかしオルタは楽しみになった。今まで以上に。

まぁ、冥夜と一緒にMSに乗って大岩をぶった切るところとかは、熱かった。
正直キャラ的な魅力はあまり感じないし、「ん?」と思うところもあるけど・・・・場面場面で見れば問題なし。

SEED的なところがあるね。
もちろん、SEEDに比べれば全く問題無しなのだけれど。

じゃ、残りのエンドも埋めるか。
思ったんだけど、「こっちの世界の白銀武」はどうなったのかな?
純夏もそうだけど、それは解りやすく表されているけど、盲点として白銀武の二重存在(とでも呼べばいいのかな)がどうなったかが物語の焦点に・・・・・・なるのかなぁ?

やっぱ最後は元の世界に戻れる方法が見つかりながらも、こっちの皆を放っておけるか!みたいなノリで突撃。


とかだったらあまりにノーマル過ぎるな。
そもそも元の世界云々の前提からして間違っているかもしれないわけだし。
アンリミテッド・ボイジャン
直訳すれば無限のボイ。
なんのこっちゃ。

アンリミを始めました。
だって、今日から夏休みだもん。
まぁ、来週は火曜以外は学校行かなきゃいけないし、水・木・金は三日連続1~5限のタイトスケジュールですが。

まぁそれは、今はいい。

ともかくアンリミ。


・・・・・・・・萎える。


何が萎えるって、緊張感の無い主人公。
正直、今までの感想からすれば鳴海孝之の方がまだ評価高かったり。
これは由々しき問題ですぞ。

戦術機に乗れると聞いて眼を輝かすその単純さ。
万死に値する。
もうちょっとマトモな神経をもった主人公が、いいなぁ。

夕呼さんが実質的とはいえ最高責任者というのも気に食わない。
あんな若さでそんな地位になれるかっての!
リアルさのかけらも無いっての!
オヤジだろ普通は、そういうの!




え、ハマーン様?シャア?シロッコ?ザビ家?


え、えーと、だからそれはその・・・・・俺が悪かったよ!


そうか、そう考えれば、ガンダムと同じか。
主人公が単純バカなのも、ジュドーやガロードと同じと考えれば・・・

うん!気にならない!


その後の訓練風景では、評価アップ。
全体的にマトモになってるし。
っていうかそりゃあ当たり前か。
エクストラ編のノリで、戦争なんてやってられるかよっ!

んで話のスケールが予想より大きくて驚き。
まぁ要は宇宙怪獣ね。
バスターマシンがあれば・・・・

設定的にはかなり好みです。
なんつーの?こういう・・・架空戦記もの・・・・もどきみたいな。
もしこうなっていたら・・・・みたいな。
ここではもし第二次世界大戦で日本が無条件降伏してなかったら・・・・ってところか。
群青の空を越えてもそうだったけど、まぁ、日本を舞台に戦争モノをやりたかったら、そうするしかないんですけどね。

空の向こう、約束の場所の、日本の南北分断っていう設定も面白かったけど。

もちろん、目新しさは無いですけど、こういうのは好きだからオッケー。

てか話を進めながら思いついたことがあるとその都度書いてるので、何の脈絡もなくなってしまった。

そろそろ本腰入れて進めようかな
夏のINAZUMA改造計画
あー何となく更新。

イナズマのマフラーをノーマルに戻します。
まぁ今の音がまた恋しくなったらすぐ戻せばいいしと思って。
スリップオンだし。

夏休みの間はタンデムすることも増えるかもしれませんし、深夜動くことも多くなると思って、静かにします。

ついでにオイル交換もしよう。
夏だし油冷だし、今回は粘度低いやつを、ちょっと奮発して良いオイル買おう。
んでエアクリも換えなきゃ。

エレメントは前回変えたからいいし、パッドは既に買ってあるから・・・・・当面の支出はオイルとエアクリだけか。
1万五千くらい吹っ飛んでくなー。

あー、最近見てないけど、フロントタイヤもそろそろ換え時じゃなかったっけ?
確か去年の11月換えたきりだし。
そしたら追加でまた1万5千かー。


INAZUMAは後悔していないどころか、最高のバイクだと思うけど、次バイクを買うときは維持費安い奴にしよう。



・・・・・・・・・・とかいいながら次バイク買うとしたら、ZZR400かなと思っておりますが。


まぁ大学中はINAZUMAで、社会人になったらまた状況も代わってくると思いますけどね。
正直、KATANAもアリとか思ってます。

まぁ、とにもかくにもスズキとカワサキだ(笑)
千の覚悟 身に纏い
最後の最後で厄介なテスト。
今日は一限だけで、明日の2限で夏休み。

なので今日のテスト終わってから学校に残って明日のテストの勉強して、全部終わらせた時点で、つまり、実質的に夏休みな状態にしてから帰ろうと思ったんですが・・・・・・・・・・終わらん。

結局6時まで粘って帰っちゃいました。

まぁ明日までには間に合いますが。

つかテストの形態がちょっと変わってて、問題は既にわかってるんですよね。出されたのは4題。
けど実際にテストに出るのはそのうちの2題。
で、実際に解くのは1題。

つまり、4題のうち3題勉強していれば、100%大丈夫という寸法。
1題しか勉強していないと、その問題がテストに出る確率は50%なので、そういう人は中々のギャンブラー。
もとい無謀な人。

2題勉強した人は、5/6の確立でセーフ。
けど1/6の確立で撃沈。
パーセンテージに直せば16,17%ってところか。


・・・・・・・・ん?それってほぼセーフじゃない?
スパロボでも、16,17%なら回避とか防御じゃなくて反撃するよね?


2つでいっかなー。




さて、それでさっさと頑張って、それからアンリミ・・・・・やったら睡眠不足になる可能性が大なので、今日のところはファイブスター物語でも読んで、明日から、
ボイ、アンリミテッド、いっきま~す
踊っちまった
昨日のテストは二つとも駄目でした。
大学入って初めてじゃないかな。
テスト終わって「こりゃ単位ねぇな」って思ったのは。

三限の環境経済学ばかり勉強していたら、案の定地方自治論は駄目で、そんで環境経済の方は教授の言葉のワナに騙され出来ませんでした。

ピグー税とコースの定理をやっときゃ大丈夫。その辺を出すから

みたいな事言っといて!
そりゃ確かに出たさ!出たけど・・・・・ちょっとじゃん!

んでノーマークだった排出権取引で論述とはね。
記号問題も消費者余剰とかがメインだったし。

地方自治論もあれだけ広範囲にわたって授業したもんだから、広く浅く勉強したら問題は論述二問。
むっちゃピンポイントで深く。

完全に読み違えた・・・・・・・・


今回は登録した科目が少ない代わりに、全部単位取る前提だったので(いつもそうだし、落としたこと無いけど)来期以降の予定がちょっと変わってくるかもしれません。

具体的に言うと、後期週休4日計画が潰れるかも。
そんな馬鹿な。
持つ者と持たざる者
えー、土曜日に家族でナポレオンをしました。

ナポレオンって何さ?

とゆー方がほとんどだと思います。
トランプゲームの一種です。
我がボイ家ではこのナポレオンは10年前に「家族行事」の筆頭候補に躍り出て、以来ずっと定期的に続けられています。
それが例えテスト前だろうがなんであろうが、家族4人のうち3人の賛成を得た時点でナポレオンの開催が決定されまず。
なので一昨日もしました。
今更ですけど。

まー兄貴はセンター試験一週間前にやってたから、余程マシだけどw

加えて年に一度の「誕生日特別」で負けたときのリスクが減ったんですが・・・・・結果:-4000円。

うがー!最近金が減っていくと思ったら!

つーかここまでが前置きです。ちなみに。

んで昨日の夜、バイトから帰ってきたら、うちの駐車場に黄色いアテンザが停まっていました。
兄貴の彼女さんの車です。
遂に兄貴が来年の2月に結婚をすることになり、それを踏まえて彼女さんと、俺や両親が交流を図る機械を持ちだした、ということです。

日曜は夕方のバイトまでずっと勉強していたとはいえ、一昨日ナポレオンしちまったし、勉強しなきゃと思いつつ、帰ってきたらびっくり。

またナポレオンかよっ!

いや、本当に長々とやった訳じゃなくて、彼女さんにナポレオンを教えていただけなんですけどね。
本来は5人でやるものらしいですし。

実はここまでも、前置きみたいなもん。

実際に俺らでやってみせる前に、兄貴が彼女さんにナポレオンを教えていたんですよ。
そんで俺、よく考えてみたら・・・・交際している男女の会話とか、聞くの初めてなんですよね。
いや、ちょっとはありますけど、高校のときとかも友達が彼女といたら、邪魔しちゃ悪いからさっさとどっかに行っちまいましたし。

んで昨日の夜、兄貴が彼女さんにナポレオンのルール(結構難しい)を教えていたのを、まぁ近くで見ていたわけですよ。

もうここまでが前置きかな。
んで結論は一行。


羨ましいぜ!!
決戦前夜
はい、明日からテストです。
そして初日の明日が、実は一番の修羅場。
まぁ三限の環境経済学は、ピグー税もコースの定理も一通り理解したから大丈夫として、二限の地方自治論がヤバイかな。
ぴんちかな。

まぁ暗記系なので今から漬けます。
単位落とす事ぁないだろー。

今日は連合ザフトはアーケードモードで一回だけやりました。
やっとルナマリアたんハァハァが使える訳ですが、ぶっちゃけどうでもいい。
早くイザークやディアッカのデス版を使いたいところです。
MSと共に。

そして、何か難易度変えられたみたい。
今まで損しとったやん、俺。
悲しくないのに涙が出ちゃう
「バイト終わった後は、流石に勉強できないよ」

という理論武装で身を固め、昨日は2時半まで連合ザフトやってました。
何とかアーケード5週して、各種インパルス、セイバー、ザクウォーリアを獲得。
パイロットはシンと、デス版のアスラン。
次でルナマリアたんが手に入る模様。

つーかアーケードモード、エゥティと同じように考えてると無茶苦茶難しいんですけど。
エゥティと違って一撃で体力をごっそり持ってかれることもあるんで、かなりキツイ。

今のところエールストライク(ムゥ)
ランチャーストライク(カガリ)
デュエル(イザーク傷無し)
デュエルAS(イザーク傷あり)
セイバー(デス版アスラン)
でやったところ、アサルトシュラウドとランチャーが一番使いやすい、かな。
この辺はまぁMS愛もあるし、イザークとかムゥを乗せている分にはキャラ愛もあるし。

でもやっぱストライクダガーやM1アストレイ、シグーあたりの量産機こそ漢のロマン。
あと、Ⅱにしか出てこないけど、ゲルズゲーとかザムザザーみたいな素敵MAも使いたかったな。
SEEDって、ホントウにオモシロイよね
あいやー、SEED熱、再燃アルよー。

ついノリで連合VSザフト買っちゃった訳ですけど、かなりⅡのキャラも隠しで出てくるみたいで◎。

しかも簡単なことに、アーケードをクリアしてるだけで、どんどん使えるようになってくるっぽいです。

各種インパルスは勿論のこと、セイバーやガイア・アビス・カオスも使えるみたいですし、ディスティニーやザクウォーリア、スラッシュザクファントムも使えるみたいですよ?

グフが使えないのは残念だけど、満足ですぅ。
頑張ろう。



ああいや、もちろん明後日からのテストはこなしますけどね?
SEED弁論
俺も種の全てを否定するわけじゃあないです。
人気が出るのも解る。
面白いと騒いでいるのも解る。
確かに面白いですよ。
けどね、それは場面をぶつ切りにして観たときだと思うんですよ。

一つ一つの場面ごとで考えると、面白いと、確かに思います。
ムゥとクルーゼの最後のほうの戦いとか、
核からプラントを守らんとするイザーク、及びそのイザークと離反したディアッカが戦場で会うところとか、
ナタルの死に様とか

色々見所あり。
かつての仲間と戦うorかつての敵と共に戦う
という、少年漫画の王道スタイルは、確かに熱い。

けど、それだけなんですよ。
底が浅いというか、薄っぺらいと言うか、そういう表面的なところ、ぱっと身では面白いのですが、その先が無いと思います。

俺も高校のとき、リアルタイムで観ていた時は毎週楽しみにしていました。月曜になって学校に行けば友達とこの先の展開についてよく話したものです。
ラクスについては当時より全力で否定していましたけど(笑)

けど二回目を観たら・・・駄目だったんですよ。
場面場面では確かに面白い。熱い。イカス。
キラとアスランが一度相討ちになった辺りから後ろは特に良かった。
そもそもその相討ちになったところも良かったし
ムゥがストライクに乗ってウハー!って感じでしたし、
アスランが&ディアッカが合流して、先に述べた王道スタイルの完成→かつての仲間同士の戦いの実現でウマー!ってなりました。
宇宙に上がってからもそれは続いて(ナタルさんの登場による)ムゥ×クルーゼの激化と、見所は盛り沢山な訳ですよ。

しかし、おかしい。
場面場面ではなく、全体を一つの流れとして捉えたとき、飲み込めない部分がかなりありました。
それが何か・・・・というのを語るほどには、俺は言葉を持ち合わせていないし、内容を忘れすぎましたのでここでは省きますが。

後、敵に問題があったと思います。
宇宙世紀ガンダムは特に、魅力的な敵キャラがいました。
初代ならランバ・ラルやシャア
Zならハマーン様やフォウ、シロッコは・・・・・駄目だけどw
ZZはむしろ味方キャラにすら魅力的な人物がいなかったのは、個人的には認めざるを得ませんが

SEEDにゃそれがないです。
結局敵で、メインだったのってバカ虎とヤク中トリオとクルーゼ隊の皆さんだけでしょう?
バカ虎はバカだし、ヤク中トリオはイカレタオトコだし、クルーゼ隊の皆さんはクルーゼ以外は敵じゃなくなっちゃうし(イザークは微妙)。
あ、ニコラ忘れてた。

で、そのクルーゼが・・・・・あの変態仮面が・・・・魅力的って言う人、あんまりいないんじゃないかと思います。
全話を通してのメインの敵キャラだったのに、魅力的でない。
これは大問題ですよ。
他のガンダムのメインの敵キャラは、もうちょい魅力がありました。
シャア
ハマーン様
クロノクル・アシャー
ゼクス・マーキス
マスター・アジア
などなど

ギンガナムについてはまだ知らないので何とも。
Zはそもそも「こいつがメインの敵キャラ」ってのがいないので削除。
(強いて言えばシロッコかもしれませんが、結局シロッコと戦ったのってほとんどないし。するとジェリド・・・か?)

なのでXのキモい兄弟を除けば、皆すべからくクルーゼよか魅力的であったと、個人的見解でありますが、思います。
クルーゼとどっこいどっこいだったキモい兄弟は、Xに出演。
なるほど、Xの不人気の理由の一つを垣間見たという訳です。

んで、そのメインの敵とは、ZやZZは違いましたが、何度も戦うわけです。因縁の仲な訳です。
ところがどっこい、種では変態仮面の因縁の相手はムゥさん。
最終話でクルーゼと戦ったのは、それまで全くといっていいほど接点のなかったキラ様。
Z・ZZも直接戦うことは少なかったにしても、ニュータイプの意識のめぐり合いみたいなトンでもで、もうちょっとは因縁がありました。

種には皆無。
だったら、クルーゼとアスランが戦った方が熱かったと思います。
もともと同じ隊の上官と部下の間柄だった訳ですので、熱いと思うんだけどなぁ。

まぁ結論付けますと、敵に魅力なし。更に主人公との因縁も無し。
それが駄目だと。
ついでに言うなら主人公に魅力無し。
もっとも、婦女子には人気があるようですが?
キラ様とか、フリーダム乗ってからというもの、悟りを開いちゃって、人間味の欠片も無いじゃないですか。
それはラクスもだけですけど。
んで理想があって、それに反することを言われると「それでも僕は」。もうちょっと人の話し聞けw

そんな悟りを開いたキラには、誰も逆らうことはせず、何か相談しててもキラ様が「こうしよう」といえばそうする集団に成り下がってしまいました。
キラ様が白いといえば、カラスだって白くなる。

んでキラ様とL・O・V・E・ラクスさまぁぁー・・・は、両者共に理想だけで行動して、現実を見ない。
現実を見ても「それでも僕は」
もうちょっと現実を見ろ。

第一、敵のパイロットを自分らが直接殺さなければそれでいいのか?
全て許されるのか?
そんで味方が死んでいくんだぞラクス様。
んな無茶な。

今回はSEEDについて言いたいことを全部言おうと思ったのですが、キラ様とラクスについては無理ということが判明しました。
あのでここらで打ち切り。

あと、せっかく人物相関図がいいものになってるんだから、もうちょっと面白い見せ場作りが出来たと思うんですよね。
その代表格がアスラン×クルーゼな訳ですが・・・・・やっぱアスランが受けですかね?



最後に、個人的にはムゥの死をキラが知らなかったってのが嫌でした。


やっぱ種について言いたいことを全部ぶちまけるのは無理だわー。
なので、ここらで終わり。
三年ぶりの「文武両道(一日のみ)」」
ううん、やはり10kmほど走ると、翌日身体の調子が良いな。
ごきげんYO!

さて今日は学校は2,3限だけど、朝から学校行ってレポートやります。夜まで。
このレポートさえ終わらせれば、後は大体安泰だぁ。

早めに勉強すれば、来週の月曜辺りからアンリミやるのも夢ではない。
そう思えば、頑張れる。
夕暮れと海とイナズマと
21の誕生日。
朝目覚めたら遅刻確定でした。
飛び起きて、雨なので車で学校に。
ちょうど入ったままになっていたCDが頭文字Dだったので、図らずも
CRAZY FOR LOVE→EXPRESS LOVE→BLACK OUTのコンビネーションを聴きながら巧みな(ある意味、掛詞)ドライビングで学校へという、中々に慌しい始まりでした。

まぁそれはどうでもよくて。

折角の誕生日なので、何か記憶に残ることをしようと思い立ったものの、思いつくのはツーリングで、でも雨で、そしたら止んで、けど一人は寂しくて、しかし周りは皆テストで、いやそれは俺もなんだけど、そういえば九州の医大行ってるやつは夏休み明けにテストだからもう帰ってきてて、だからソイツと夕日を横目に見ながら海に行きました。

本当は野間の灯台まで行きたかったんだけども、暗くなったので適当なところで海沿いに出てみたら、ちょうどセントレア近く。

暮れなずむ空とセントレアの夜景が綺麗だったよー。

ツーリングは綿密に計画立てて行くのもいいけど、こういう突発的なものもいいですね。

にしても、21の誕生日に夕暮れの砂浜に、バイクの後ろに乗っけていくのが男というのがまた何とも俺らしい。

テストの方は珍しくちょっと前からコツコツとやってるおかげで問題無し。
予定通り18単位取れそうです。
来週の今頃には、晴れて自由の身の予定。
早っ!
ワールド21
あと10分もすれば、俺も21歳。
そろそろ誕生日を迎えるのが、嬉しくなくなってきます。
人生この先、若さが失われていくかと思うと・・・・・。
まだやれる? もう駄目だ。
今日は昼の12時からバイト。
だもんでそれまでテスト勉強をしよう!

ということで始めた経済の論文(英語)の問題を解くのはあっさりと諦めて、そもそもの経済の勉強から始めようと思いました。

今回はその論文の問題を解くレポートにも、環境経済学という授業にも出てくる「外部性」なる概念を掴もうと思ったのですが

「このような技術的外部効果(ここでは技術的外部不経済)が存在するとには、社会的限界費用が限界外部費用の分だけ私的限界費用を上回るために、市場は効率的な資源配分を・・・・・・」


分かりにくいんじゃ、ドララァァァ!!


もう、やめようかな・・・・w

長距離レールガン持ってますけど、近距離型です
近接戦闘に特化し、長射程のレールガンと大型のソードを装備した、この機体専用のノワールストライカーを搭載しており、遠距離/中距離/近距離と、すべての戦況にあわせた戦闘が可能である。

これは今話題騒然かどうかは知らないけど、きっと話題騒然なんだろうと思うと気が重くなってくる「スターゲイザー」に出てくるMSの紹介文です。
一つだけ言いたい。

結局、近距離に特化してないんじゃ?


まぁSEEDは設定だけは良いから(設定を巧く使えてないから駄目なんだよー)一応期待してるんですけどね、スターゲイザー。

どっちに転んでも期待通りでもあるし、期待外れです。


今日は朝からバイトだったわけですが、頭の中はこれからのマブラヴで占められてしまいました。
絶対面白いって。
なんかもー世界観とか、話を聞く限りだとすっげー面白そうで、すっげー楽しみにしてます。

だからこそ、今始めたらテスト直前になっても勉強しない絶対の自信があるので我慢しておきますが、我慢した時間が長ければ長いほど、面白かったときの感動が倍増されるので良しとしましょう。
熟成させるのだー。

そもそも高校三年の一月に(受験直前)発売日当日にFateを購入し、その後図書館で勉強し帰宅→Fateを押入れ深くに封印→春まで封印を成しえた俺なら大丈夫。

そう、Fateと言えば・・・・マブラヴのアンリミテッド、及びオルタはとても楽しみにしていて、月姫・Fateを超える、初のSランク取得が期待されているわけですが・・・・・唯一、キャラクター面では超えることは無いだろうと思いますし、それが残念。
いや、もちろんまだ全部やっていないので分かりません。
考えが変わる可能性は十分にあります。
しかし・・・・です、やはりキャラの造形で言えばTYPE-MOONのキャラに及ばないのかなぁと思います。
それが残念。
今から残念がっても仕方ないですけど。

見ただけで笑いがこみ上げてくる猫アルクや琥珀さんとか
見ただけで哀れんでしまうシエル先輩やさっちんとか
見ただけで萌えてしまう翡翠とか
見ると「兄貴ぃぃ!!」と叫んでしまいそうになるランサーとか
そういう、魅力的なキャラが、マブラヴには(少なくとも現時点では)いないのが残念で仕方ないです。

まぁそんな考えが変われば、それでいいんですけどね。

そういえばサプリは後でやったほうが良いとの事なので、テスト勉強の目処が付くまでマブラヴお預けかな。

大体考えてみれば・・・・・攻略サイトを見ると、アンリミテッドには純夏エンドってないみたいなんですよね。
てことはオルタが「それ」に当たるのかな、と。
つまり、アンリミテッドの世界(もしくはそれに準ずる世界)の純夏ルートこそがオルタなのかなぁと。


するとアンリミテッドをやったことが前提のサプリは・・・・やらない方がいいのは自明の理。
止めとこう。
もちろん、俺の考えなんて間違っているのかもしれないですけどね。



マブラブの話はこれくらいにしておきます。
でないと、ネタばれしたくてウズウズしている人がいるかもしれないので。

つーかオルタ出る前の時点で、マブラヴ勧めて欲しかったなぁ。
エクストラ編に見るべきところはこれっぽっちも・・・・・いや、委員長ルートでよく出てくる涼宮茜以外は、特に見るべきところは無かったですが、アンリミは面白そうだし。
そもそもホビージャパンでマブラヴ版MS・・・・というより、アーマード・コアに近い造型ですが、それは無茶苦茶好みだったから、興味はあったんですけどね。

ああ、俺も一度で良いから友人と、同じ時期に、同じゲームの話題で盛り上がりたいなぁ。
ひぐらし、EVER17、つよきすと、ずっと涙を飲んできたからなぁ。
SEEDの業
走って帰ってきたら2kg減ってました。
汗で出た水分の分もあるでしょうけど、俺の今の本当の体重が知りたいです。

さて、走りに行く直前にアンリミをほんの少しだけやったわけですが・・・・・世界観はオルタと同じなのかな?
なんか国連軍とか出てきて良い感じです。

おおよそこの現代を舞台にしながらも、ああいう軍隊とか戦場とかいう小道具・大道具、背景を使うのは最も好きなシチュエーションの一つ。

最終兵器彼女も、そういう意味では良かったし、群青の空を越えてがその最上級。
他にもガンパレとか、空の向こう約束の場所とかも、若干違うけど良かったなぁ。
なので期待しているわけですが、攻略サイト見ていたら「美琴エンド」って。
・・・・・・・軽くネタばれですが(笑)そういうの覚悟で攻略サイト見ているので仕方ありません。
やっぱミコトがキーパーソンなのかな?
エクストラとアンリミの世界を繋ぐ。

そもそも二つの話の世界の関係が見えてきません。
やっぱ順当に行けば並行世界なんだろうか。
そんでうっかり・・・・というか何者かの確信犯的な仕業によってエクストラのタケルがアンリミに・・・・・・?



・・・・・・・・・とかっていうのをずっと考えながら走ってました。
うーん、困った。やりたい。
しかしここでやれば盛り上がっているときにテストに差し掛かるのは目に見えています。
ここは・・・・・・・やっぱ我慢・・・・・なのかな?
まぁいかに私立文系の三年とはいえ、やるべきことはきっちりやっとかないと。
っつーことで今から勉強しようかな。


・・・・・・・でも、サプリメントの純夏アナザーストーリーやる分には・・・・時間的にはオーケーか。
・・・・・・どうしよう?


ところで、アンリミになった途端、タケルに声が付いてショボーン。
そもそも保志の声はタケルに合ってないような気がします。
それ以前の問題として、保志の声はもともと好きじゃなかった・・・・・・うえに、キラ様のおかげで大嫌いになってしまったので。
やはりSEEDの所業は罪深い。

まだロスチャの主人公同様、野島健二あたりでいいと思うんだけどなぁ。
予定不調和
・・・・・・・・何故かここのところ減っていた体重が元通りになってますよ?
昨日測った時は77もなかったのに、今は80を目前に控えています。
飯前ー後の差はあれど、3kgも増減するのは止めて欲しいものです。

とりあえず、頑張って75kgまで減量しよう。
うう、順調だったのに、1、2日引きこもって飯をたらふく食うだけでこんなになるなんて。

マブラヴはエクストラ編は完全制覇。
今からアンリミテッド。
というところで止めて、レポートや試験勉強を終わらせてから一気にアンリミテッド→オルタに行くつもり。

しかし、予定というのはえてして崩れやすいものだということを、俺は本質的な意味で分かっていなかったようなのですよ。
やれやれ。

ところで、一番良かったのは委員長シナリオ・・・・・・の茜。
いや、シナリオ良かったけど、茜の印象強すぎて・・・・・。

折角の大トロなのに、あまりにワサビが効きすぎてて、そっちの味がメインになっちゃった、みたいな。

とりあえず、走ってきます。
泣くな。遊園地は連れていってやる。
冥夜ルート終了。
完全に作業と化していました。
基本的に純夏とルート被ってて助かった・・・・・。
これでアンリミテッドが出来る。

・・・・・・・・まぁ、あと何人かヒロイン残ってますけどね。

やる気、出ろ~

とりあえずデモンベインかハロワでも始めてみっか?

とか言いながらドラゴンボールを読み始める俺。
やっぱり、辛いとき、苦しいときに帰るべきは原点ですよ。
魂の慟哭響かせて
マブラヴ純夏ルート終わりました。
アンリミテッドはまだですけど。

んー・・・・・・まぁ、これはこれでいいんじゃない?
結構楽しくやってました。
学校行ってる時も、早く帰ってマブラヴやんないとっ!って考えてましたし。


・・・・・・・・・・けどね、もう結構お腹一杯になってきちゃったかな。
腹八分目くらい。
まだ頑張れるけど、残りヒロイン全員やる気力があるかと言われると・・・・・。
今のところ全員やるつもりだけど、途中で萎えそうな気もしてきました。
まぁ、こんなこともあろうかと、第二次がフィフスルナ降下直前なので、その辺りをやって口直しすればいいんですけど。

純夏ルート、最初の誰かのシナリオに入る前は良かったんですけど、やっぱ専用ルートに入ると段々脱力してきました。
最後とか、気がつけば「エーせーリーアール~の風がぁ~」とかって、ロスチャの「魂の慟哭」を口ずさんでいる自分がいたし。

とはいえ、予想よりかは楽しめたので、この調子で頑張ります。

そしてロスチャは、今思い返しても色々突っ込みどころあるし、そこまで満足できる出来ではなかったのにも関わらず、未だに思いを馳せることがあります。
面白かったんだか面白くなかったんだか分からなねー。

そしてこれからロスチャを始める人へアドバイス。
回想モードやCG閲覧しないなら、セーブデータをダウンロードしてやった方がいいと思います。
なぜなら、そうすれば戦闘シーンを飛ばせるから。
最終話はかなりの数の戦闘があるのですが、相手が強くて戦闘に勝てず、だんだんイライラしてきてグダグダする可能性があります。
俺はそうなりました。
一発で勝てるなら問題ありませんが、戦闘に勝てずに30分以上試行錯誤してると、ムカついてきます。
場合によってはご利用ください。
あと、パッチ当てたほうがいいです。
俺、最終話で当てたけど、後悔しましたもん。
ロスチャからの落差が・・・・・・
ただいま授業が終わり、図書館より更新しようと画策している次第であります。
前回の更新の後、3~40分ほどマブラヴを進めたわけですが・・・・・。
前言撤回。
まぁ、これはこれでいいんじゃない?

王道学園ラブコメって、考えてみればTO HEARTを2,3人クリアしたことがあるだけだし、考えてみれば、俺にとっちゃ新鮮。

キャラ的にはどうよ?
って思うのばっかりですが、意外にも複数でいる時の賭け合い・・・・つまりは冥夜が転校してきて武にベッタリなことに追求してくる純夏・委員長・タマとかは・・・・・・・・・そんなに悪くは無かった。
多分、演出的な部分の巧さがそうしているんだと思います。

純夏が香月先生の車に吹っ飛ばされてRambring heart(だっけ?)が流れたりするのも、お約束ながらも面白かったし、何より冥夜付きの運転手が・・・・・・w

声が子安でBGMにユーロビートまで流すっていう徹底振りが笑えたw

そんな訳で、色々あったけど、私は元気です。
元気にマブラヴを楽しんでいます。
だもんだからさっきから環境経済学の勉強がはかどりません。
サークルまでの時間を利用して、ピグー税の概念を理解しようと思ったのですが・・・・・・・。

もう、帰ろうかな・・・・
もう、ゴールしてもいいよね?
学校行くまで時間あるから、ちょっとマヴラブやってみた。

オープニングムービーまで行った。

俺、頑張った。

だからもう、休んでもいいよね?
行くぞ!これがっ!俺の最高の技だっ!
ロスチャ終了。
ここで簡単に今までのギャルゲのランク付けをしたいと思います。

S    無し
A 月姫 Fate つよきす
B 群青の空を越えて PHANTOM LOSTCHILD
C 多数

計測不能 ひぐらしのなく頃に

てな感じです。
ちなみにSに最も近いのはつよき・・・・・いや、何でもない。
まぁコンシューマーも入れればSにはFFⅦが入るかもしれませんが。

内容は・・・・・面白かった。
悪くない。目だった欠点が無い。
しかし逆に言えば突出して良いところもあまりなかったです。

あ、これストーリー的な話です。
音楽とCGは、すげー好きだったです。
特にCGは今までで最高だと思います。

少々、起伏に乏しかったかなと、印象を受けました。
天気に例えれば、弱い台風がずっと停滞し続けている感じです。
アベレージはそこそこ高いけど、瞬間最大風速はそう高くない。
その代わり風が収まることも無いけれど。

やってて「あ~グダグダだし」ってこともなかったけど
テンションが上がって「ほ、ほー!ほぁぁー!ほあー!」
っていうのも無かったかな、と。

一方格キャラに目を向けても、それぞれ出番が分散されて中途半端になってしまったような気もします。
見せ場があまりない。
中盤でフェンサーがバースト化してクラ不ティハインツマンを破るところとか、檜山の最後の見せ場は良かったけれど。

しかしキャラ的にもかなり良かったです。
俺好み。
声優、凄いから
そういう観点からも十分楽しめるかもしれません。

今まで否定的なことを言ってきたように思われるかもしれませんが、安定して楽しめました。
安定感だけなら、MSで言えばガンタンクレベルのものがあります。

総評「もう少しです。」



・・・・・・・さて、これでやっとオルタへの道が開けた。
っつー訳で・・・・あー、ニトロ系やりたくなってきたなぁw
デモンベイン、ハロワ、二挺拳銃辺りはやってみたい。
特にハロワはshibさんが勧めていたほどですので・・・・。

何故オルタをやるのが怖いかというと、一度オルタをやってしまうと、上述のゲームが楽しめなくなってしまう、オルタの前に霞んでしまうという恐れがあるからです。

Sランクに向けて期待されていた群青・ロスチャ・オルタ三部作のうち、二つは終わってしまいました。
それだけSランク取得が望まれているオルタは、しかし、一度やってしまうと・・・・怖いです。

いつまでたってもマスターグレードのνガンダムとリガズィが買えないのと同じ理由です。
閃ハサと∀を観てない理由に近い。

しかし、これでまた先延ばしにするわけにはいきません。
故に、ここに宣言します。

今日からマヴラブを始める。
繰り返す。マヴラブを始める。
カーンの系譜
カーンかっこいいっス。
俺がカーンって言うと、やっぱりハマーン・カーンを、そうでなかったとしてもその父マハラジャ・カーンのことかと思われるかもしれませんが、今はオリバー・カーンのことです。

や、もちろんハマーン様は格好いいですけどね?

ドイツ対ポルトガルの三位決定戦のハイライトをさっき見たんですが、やはり最も好きなサッカー選手はカーンでありましょう。

ヤツぁ超カッコいいと思うのですが。

もちろん見た目的にも、顔立ちは整っていながら力強さっつーか男らしさがあって、ジャニーズ事務所の腑抜け共とは一線を画す容貌をしています。
試合中に見せる表情や挙動も熱い。

けどそれだけじゃなくて、何か前にテレビで見たエピソードがあって、それで好きになりました。

何でもカーンがチャリティーのイベントに参加したそうな。
恵まれない子供らとカーンがPKをやって、点を決めたら、何つーか、まぁ施しを受けられるってルールで。
でも当たり前ですけど、10歳やそこらの子供がカーンから点を決められるわけありません。

大空翼やその仲間たちなら、あるいは希望は持てますが、現実には雷獣シュートもスカイラブハリケーンを出来ません。

いや、漫画でもPKでスカイラブハリケーンは出来ませんが。ルール的に。

閑話休題

だからそのチャリティーに出れた時点で、実質子供らには援助が確定していたそうなんです。
一応、名目上はカーンから点を決められたら・・・・となっているものの、もちろん日韓W杯でMVPのカーンからシュートを決められるはずも無く、カーンはどんなにゆるいボールが真正面に来ても、入れさせてあげるという、そういう趣向だったそうな。

要は茶番ですね。
名目的にカーンからシュートを決めて、お金がもらえる。
そしてシュートは、必ず決まる。

そういう、心積もりだったらしいです、主催者側は。

ところがカーンは・・・・相手が兎であろうと、千の力を持って戦う獅子なのでありました。

相手が恵まれない子供だろうが親がいない子供だろうが、関係ない。
この俺からゴールを奪えるものならやってみろと言わんばかりに、超、真剣に止めにかかったそうです。

そんなカーンから、PKとはいえゴールを奪えるはずもありません。

そして全員の子供がシュートを止められ、話が違っているぞと青ざめる主催者に、カーンはこう言ったらしいです。

「僕はゴールキーパーだ。例え相手が誰であろうと、わざと点を決めさせてやるなんてことは出来ない。けど、これじゃチャリティーにならないのは分かってる。だから、これを彼らに施してやってくれ」

と、自分のポケットマネーから、子供らに援助した。


っていう美談があります。

ええい!カーンとかビダンとかまぎらわしいわ!
正規兵じゃないんだろ!

ああ、脱線してしまいましたが、そしてブログ書く前からするとかなり予定外に長くなったけれど、そんな話があったっぽいです。

やべー、超、格好いい。


そんだけ。


ああ、ロスチャが遂にクライマックスへ突入しようとしています。
ここまでは全く問題ない。
面白い。
こっから納得いくように持っていったら、殿堂入り。
ハッピーエンドならなお良し。

けど、なんだか有耶無耶のうちに沢山人が死んで終わりそうな気がする。
なんつーか、Zガンダム的すっきりしないエンド。
今考えれば、凄いよね。
主人公が錯乱して終わるって。


ついでに、「閃光のハサウェイ」を少し読みました。
青年になったハサウェイに好感。
あ、あれ?ハサウェイ悪く無いじゃん・・・・。

ってそうか・・・・・。

位置づけとしては「小説版」の逆シャアの後だから、ハサウェイはチェーンを殺してないんだ・・・・。
その代わり、殺すつもりは無かったのにクェスを殺してしまった、つまり、アムロと同じ境遇って訳か。

意外にも挿絵のハサウェイが格好良く、かつブライトの面影があるのが良かった。

でも読むのが怖い。
今まで∀を観なかったのも、閃光のハサウェイを読まなかったのも、ガンダムシリーズ、もしくは宇宙世紀の作品にピリオドを打つのが、嫌だったからでしょうし。

悩みどころだ。
全盛期は前世紀
深夜特急を読んで以来、ずっと食べてみたかったドネル・ケバブなるものを初めて食いました。
美味ぇー!
これから給料入って豪遊できるときは大須で食べ歩きするのが、一番有意義な無駄遣い(?)な気がします。

とりあえず鶏を一匹丸々喰らい尽くすのが夢。ドリーム。

夜は相変わらずmoskyさんとカラオケ行ったわけですが・・・・・・確認しました。
知ってたけど再確認。

俺は90年代後半の人間です。

ヒットメドレーを95年から05年までずっと歌って、2000年からだんだん記憶が薄れてくるってどういうこと?
2000年以前は歌詞見ないでも歌えるようなヤツばっかりだったのに!
やっぱ俺は、前世紀の遺物だったってことで。

レミオロメン?ストレイテナー?オレンジレンジ?
やっぱ
GLAY ラルク B’z
でしょでしょ。
もちろんミスチルやサザンもね。
そんなミサイルじゃ、ビクともしないぜー
ミサイルがバシバシ飛んで来ているみたいですけど、ミサイル防衛システムはパトリオットよりミノフスキー粒子開発を優先させるべきだと思います。
にしても日本近海に何の予告も無くミサイルを打ち込んで切るとは、うすら寒いものを感じます。

こんな時マジンガーZやコンバトラーVがいてくれたら・・・・・いてくれたら・・・・・・・いなくていいや(笑)

だって、頼りになるけど、頼りたくないんだもんw

しかし真面目な話、この先どうなってくんでしょうね。
国連の安全保障理事会がどういう結論を出すか知らないけど、やっぱ日本国民としては、ロシアや中国も足並みそろえて欲しいです。
そりゃ、アメリカの言いなりになるみたいで腹立たしいのは分かるけどさ。
その代わりといっちゃなんだけど、小泉政権ももうすぐ終わることだし、もう少しアメリカの庇護のもとから離れても良いんじゃないかな?
今のままだと俺たち、アメリカがジャイアンならスネ夫みたいなもんじゃん。
エンディングのすゝめ
終盤戦に入ってきました、ロストチャイルド。
うん、面白いよ。
世間での評価はどうだか知らないけど、面白いと思います。

・・・・・・・まぁ、うたわれるものの時も同じようなこと言ってて、最後でぽか~んってなりましたけどw

ただまぁ、問題はこっからですよ。
どうもラストが不明瞭になりそうな予感がします。
俺としては主要キャラが多少死ぬのは別にいいけど、やっぱり主人公とメインヒロインくらいは明確な幸せの形を伴ったハッピーエンドにして欲しいです。
こと、こういう作品では特に。

そういう意味でTYPE-MOON作品はイマイチ。
Fateのセイバールートとか、桜ルートとか、よく分からなかったのは単に俺の理解力が足らなかっただけなんでしょうけど、あまり捻らないで欲しいです。
そういう意味でファントムは分かりやすくて良かったです。

やっぱ魔力だとかエーテルだとか第三視点だとか、この世に存在しないトンでもを使う作品って、そうなっちゃいますよね。
そういえば群青の空を越えても分かりやすくていいです。

ともかく最後
「このキャラは、あーなったから、こういうふうになった」
っていうのが明確に分かる形が欲しいです。
最後精神的な世界に入っていくのはマジで勘弁して欲しいです。

で、最初はロストチャイルドは分かりやすい単純明快エンドかもと思ってたんです。
「ヒーローになりたかった人達へ」
がキャッチコピーだし、変身アクションヒーローとかいう化石ワードが公式サイトにあったし、勧善懲悪的なものなら明確な悪を倒して終わりかなって。

でもちょっとやって、そんな考えは吹き飛びました。
どうも、単純な勧善懲悪のヒーローものじゃない。
どっちかっていうとFate系。
そういえばFateに似てるな。

レイリアやサーヴァントと二人で一組になって戦って
何年か前に大災害があった街が舞台で
それを引き起こしたり、密接に関わっていた中田譲二ボイスがラスボスとか黒幕で。

という訳で先が不安です。
もう敵倒しちゃってみんなハッピーエンドで良いじゃん!
もちろん途中で死んじゃっていく仲間がいるのはいいけど。

不安だ・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。